>お役立ち情報>【cadを活用しよう】正確な図面を作成するツール

【cadを活用しよう】正確な図面を作成するツール

PC操作

cadの特徴や性質について

パソコンを使って図面を作成できるcadには、それ以外にも多くの特徴があります。これまでの図面は熟練者によって作成されており、初心者では均一された線を引いたりわかりやすい作図をしたりするのは難しいという現状がありました。しかしcadを使えば、コマンド一つできれいな線を引くことができます。レイアウトや図面の引き直しも簡単で、誰でもわかりやすい図面の作成が可能になりました。図面をアーカイブ化し、再利用が可能な点もcadの特徴です。例えば住まいを設計する場合、使いまわすことの多いものについては過去に作成したデータをコピーできるという利点があります。毎回引き直す必要がなく、社内で共有化できるようにしておけば生産性の向上にも貢献してくれるツールです。

PC操作

cadが活用されている業界

正確な図面を誰でも作成できるcadは、今では多くの業界で使われるようになってきました。特に多いのが、機械部品を扱うメーカーです。金属を加工してネジや歯車を作ったり、パソコンやスマホといったIT機器の設計に使われたりしています。自動車メーカーが新しい車を設計するのにも使われていますし、複雑な家電製品が支障なく動作するのもcadが活用されているおかげです。建設業界でもcadの存在は欠かせません。ビルの外観からフロアの隅々に至るまで、このツールを使って正確な設計がなされています。建物の場合には構造を維持するための計算も必要になりますが、そこでもこのデータが欠かせません。モノ作りに携わる業界であれば、必ずcadのスキルが役立つと言えるでしょう。